行方不明や失踪人の捜索で探偵事務所をお探しなら特命探偵事務所へご相談ください!

        特命探偵事務所ではあらゆるニーズにお応えします。お気軽にご相談ください!
                      

[民事事件調査部 生活環境課 失踪人捜索室]


行方不明者や失踪人、音信不通者の安否が気になる方

 
 
 
1.突発性失踪人の行動分析(プロファイル) 

 これまでの行方不明者や失踪人のご相談を受け、弊社独自に帰宅率の統計をとってみますと、 
  ①行方が分からなくなった当日を含め10日以内に帰宅するケース 85% 
  ②行方が分からなくなった当日を含め14日以内に帰宅するケース 10% 
  ③行方が分からなくなった当日を含め20日以上帰宅しないケース  5% 
 
 [分析結果] 
 行方不明者(家出を含む)の失踪理由はさまざまで、一概に上記帰宅率が該当するとは言えません。
 しかし、あらゆる視点を変えて行方不明者に事情を聞いてみると、帰宅する多くは金銭的な理由で
 飲食がままならず、決心が揺るぎ(時期は5日目~8日目に後悔する※持ち出た金額にもよる)帰宅
 するようです。
 少し金銭的余裕があれば、決心が揺るぐ時期が延びることは言うまでもありません。
 次に、失踪時期(季節)も関係してきます。
 失踪時期が12月~3月ですと、寒さを耐えしのぐのに暖を取るべく、飲食摂取量が増えるほか、寒
 さ対策でネットカフェや漫画喫茶、ファミレスの利用回数が気温の変化に比例し、車中泊している人
 もエンジンをかける時間や回数が増えることで燃料が減少(=金銭が減少)するものです。
 失踪時期が7月~10月の場合、暑さから飲み物の摂取量が増えるのでしょう。
 ですが、飲み物の場合は、公共施設等で無料で飲める飲料水もあることから、14日以内の帰宅率が
 多く数えられました。(比較的お金がかからない)
 行方不明になった理由が分からず、突発性が疑われる失踪の場合で、20日以上帰宅しないことがあ
 ると、人間関係のトラブルや拉致、誘拐、監禁等の犯罪に巻き込まれた可能性も否定出来ず、生命の
 危険が迫ってきますので、この分析結果を参考にしていただけるのでしたら、当日を含め7日以内に
 予めご相談いただき、14日経過するタイミングで調査委任契約をされるかご判断いただいた方が、
 よろしいかと存じます。
 
 
 [対処方法] 
 (1)まずは、失踪人の部屋を確認して、書置きなどが無いか確認してください。 
 (2)当日の状況を整理してみてください。(移動手段、衣服、持ちもの、金銭の額等) 
 (3)部屋の現状を保管する上で、室内の写真などを撮影してください。 
 (4)最寄りの警察署(生活安全課)に相談してください。※場合によって届出をしてください。 
 (5)携帯電話のショップに行き、失踪人の通話履歴を取り寄せる手続きをしてください。 
 (6)7日ほど様子を見て、0120-963-633までご連絡ください。 
 (7)ご相談の際、通話履歴や室内の写真、本人の顔写真などご持参ください。 

2008年1年間で届けられた失踪人の数84,739人  
 
2.計画性失踪人の行動分析(プロファイル) 
 計画性失踪の場合、突発性失踪とは異なり、過去の人間関係や仕事関係、家庭環境が大きな起因にな
 っており、家出支援サイトや自殺サイトなど閲覧している傾向が見られます。
 また、これらのサイトを閲覧せずしても、知人や友人の協力を得て失踪する場合もあります。
 
 
 ①家出支援サイトとは 
  一般的に家出の方法(家出までの準備や掲示板による支援まで)が掲載されています。
  このサイトを見ていたとなれば、自家用車を使用せず徒歩や自転車、高速バスや電車を使用し、携
  帯電話やキャッシュカードなどの足がつき易い物の使用を控える指示をメールでしてきます。
  もちろん、閲覧しているサイトの閲覧履歴を消去させたり、メールの内容を消去させたりの指示は
  抜かりなく行ってきます。
  また、支援者(性的な行為の見返りで住む場所を提供する)と失踪人を結びつける掲示板も有り、
  待ち合わせ場所まで誘導したり、連絡手段としてコインロッカーにプリペイド式(フリーSIM)携
  帯電話を用意し、ロッカーキーを指定の場所で受け取るなど、近年、支援が巧妙化してきている現
  状も否定できません。
 
 ②自殺サイトとは 
  自殺サイトは、近年社会問題となり、自殺幇助の観点から規制の対象となっておりますが、0(ゼ
  ロ)ではありません。
  自殺サイトは、単独で自殺する方法や、集団自殺する際のメンバー募集などの掲示板などがあり、
  掲示板も暗号等を使用して、具体的な内容は集合場所で話し合うなどの傾向が見られます。
 
 
 このように、失踪する前、下調べしている行動を「計画性」と言えることから、弊社では「計画性失
 踪人」と呼称しております。
 
 
 









 大切な家族  大事な彼氏  お世話になった  取引先の  夜逃げした
 
突然の失踪に途方に暮れる日々をお過ごしではございませんか?
警察で捜索したが発見に至っていない。
警察に届出を出したが、捜索はしていない。
警察で届出を受理してもらえなかった。
警察では、事件性が確認されませんと捜索することはできません。  
どうしよう…    あらゆる方向性を視野に入れて 失踪人プロファイリングからお受けいたします!

  [主な捜索方法]  発見までの近道は、ご依頼までに時間を掛けすぎないことです!
聞き取り調査 関係者と思われる人物に聞き取りを行います。
人物身辺(行動)調査 証言内容に違和感を感じた人物をマークし、身辺を含む行動調査を行います。
地どり捜索 電波を感知したエリアにてローラーによる聞き取り調査を行います。
裏づけ捜索 Ⅰ 知人や友人、関係者からの聞き取りにおいて重要な証言が得られた場合、その裏づけを含む捜索を行います。
裏づけ捜索 Ⅱ 目撃証言がある建物や商業施設(サービス施設も含む)においては、本人と思われる人物を特定する張り込み、尾行、潜入捜索を行います。

失踪人以外の行方調査も好評受付中!  
 どこに行ったの!? もう一度会いたい!  
生き別れた親に一目逢ってみたい!
同窓会を開くため、恩師を探して欲しい!
転校していってそのままになっている同級生!
元交際相手との金銭問題を解決したい!
離れて暮らすお子様や両親の安否確認。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
特命失踪人捜索室の人探しに関するお問い合わせ
024-939-5239 24時間受付しております! お手紙によるご相談にも応じております!  
 
Copyright©2004-2010 福島|郡山探偵事務所 特命探偵事務所[失踪人捜索室]. All Rights Reserved.