国際事件調査TOP


■ 韓国の調査事情

まずはじめに、2013年現在、大韓民国(韓国)には探偵という職業はありません。 浮気などの民事事件でさえ、警察が介入するようです。 一般的に、夫が浮気している場合、浮気している現場(モーテル等)に奥さんと警察官が突入して、 性行為真っ最中の写真を撮影。 裁判所に証拠写真として提出するようです。 しかし、警察官の中には、その証拠となる写真を「ゆすり」に使用するケースや、証拠を隠蔽したり 改ざん(都合の悪い物は編集)するので、韓国国民の一部は警察を信用していないようです。 韓国の弁護士によると、日本の探偵が韓国国内で証拠写真を 撮影したものでも、証拠能力に関する有効期限はあるものの 裁判所に提出できるようです。 ※韓国の場合、民事請求の時効は3年とのこと。 弊社では、韓国国内に精通する日本人スタッフや現地韓国人 スタッフで構成される調査員が調査対応し、調査終了後に訴 訟へ発展しても、日本語が話せる韓国人弁護士がおりますの で、きっとご安心いただけるものと考えております。

■ 主な調査エリアのご案内

[韓国]ソウル特別市・全州・釜山
[中国]北京・上海・香港・吉林省
[カンボジア]
 プノンペン・シュムリアップ
[モンゴル]  
 ウランバートル

■ 調査のご案内

(1)日本人観光客の動向調査

caseⅠ)
不貞相手との不倫旅行(同行・並行・時間差合流)

caseⅡ)
特定韓国人との不貞行為

(2)日本人観光客・韓国在住(留学生)の環境調査

caseⅠ)離れて暮らすご家族の状況確認調査(安否確認)
caseⅡ)麻薬(非合法薬物)の購入(使用)に関する調査

(3)韓国人の行方調査

caseⅠ)韓国人との交際トラブルで、行方を探し訴えたい。
caseⅡ)韓国人との金銭トラブルで、行方を探し訴えたい。

(4)国際極秘ミッション(国連加盟国からのご依頼)

人権擁護(人身売買)に関する国際会議資料の一環にて、特定人物(脱北者)を保護して現状の生活環境をインタ ビューする国際的極秘ミッションを遂行!

①人身売買の実態調査

近くにはブローカーと呼ばれる人物と用心棒役の韓国ヤクザが多く、一般人はとても危険なエリアに潜入調査。

②北朝鮮の脱北者人権保護団体の協力を経て、弊社と親交関係にある弁護士に立ち会いを求め、インタビューを実施。

この内容は、2015年秋、CNCTV(中国新華社通信系列)のドキュメンタリー番組にて放送された。
プライバシー保護のため、モザイク処理を行っております。
このインタビューは、韓国の弁護士立ち会いのもと、韓国国内の某所某ホテルの協力を得て適切に行われました。

(5)国際偽装結婚の疑いがある結婚相手の家族に関する環境調査[韓国人を調査する場合]
①国民登録番号が必要

最近、日本ではマイナンバー制度が開始されましたが、韓国は日本よりも先に国民登録番号というものがございます。
国民登録番号が分かりますと、韓国国内の戸籍や住所、預貯金などを調べることができます。

②戸籍謄本の取得

上記、国民登録番号が無い場合、日本の韓国領事館(大使館)に申請して韓国の戸籍謄本や住民票を取得してください。

■ 韓国調査員構成

日本人駐在員 + 現地スタッフ + 探偵に憧れる韓国人協力者で構成された調査員が調査